日の丸薬局ブログ

愛知県豊橋市、日の丸薬局スタッフのブログです。
漢方薬・健康相談・処方箋・調剤も受付けております。お気軽にご相談ください。

花粉症 の記事一覧

花粉症漢方

花粉症対策について

 

まず、だれにでもおすすめしたい漢方薬(中成薬)が

イスクラ衛益顆粒(えいえきかりゅう)

です。

中国漢方名:玉屏風散(ぎょくへいふうさん)

と言います。

 

花粉症の方は、マスクなどで花粉を吸いこまない、家に持ち込まないという事はされていると思います。

この吸い込まない、ということが花粉症の症状を緩和するポイントです。

最近では、鼻の周りや顔にスプレーしてバリアを張り、花粉を寄せ付けない商品が出ていますが、そのバリアの力は自分の中にもあるんです。

このバリア力を衛気(えき)と言います。

この衛気を強くする漢方薬が衛益顆粒。

 

 

花粉の侵入経路は口や鼻からだけでなく、目、皮膚

など体の全てで反応します。これはアレルギー反応すべて共通です。

 

花粉症の症状:鼻水が出る、鼻がつまる、くしゃみ、目がかゆい、目の充血以外にも

体がかゆい、呼吸がつらい、なども花粉によるアレルギー症状かもしれません。

 

漢方薬の選び方:

花粉症に対する薬は、予防、症状緩和、根治 とあります。

症状緩和には、小青竜湯、葛根湯加センキュウシンイ、天津感冒片 などがあります。

詳しくは店頭でご相談ください。


 

スギ豆知識:

日本固有種の杉、学名クリプトメリア・ジャポニカ

隠れた日本の財産として日本にのみ生息する植物なんです。

だから、外国ではスギ花粉症がないとのこと。

 

スギ花粉症:

スギ花粉は年々増加傾向にあります。

その理由は、終戦直後より『拡大造林』で植えられたスギが40~50年で花粉を付ける最盛期にあるため。

30年前と比べて飛散量は2~3倍になっているとのこと。

特に東北~関東に植えられているスギは花粉が多くつく品種なので、対策をしっかりしましょう。

 

2017年04月3日 | catregory : 未分類,漢方,花粉症 | コメント : (0)

花粉症と鈍脳

花粉症、そろそろ心配な方いますよね。

今年は、昨年ほどスギ花粉が飛ばないようですが、例年並みといわれていますので、それなりには飛ぶようです。

以前花粉症になった方でも、まだ花粉症になった方でも、花粉は少量でもアレルギーを発症するのでなるべく吸い込まないように気をつけましょう。

 

アレルギーの基本について

たとえばハチの毒アレルギー。2回目に刺されるとアナフィラキシーというアレルギー反応が起きて大変なことがおきるのはご存知ですよね。

体の中では、一度異物と認識すると次回よりアレルギー反応が起きるようにできているのです。

花粉はこれの軽いものと思ってください。

一度異物と認識した花粉を、涙、鼻水などで体外に出そうという反応が起きているのです。

だから、花粉症になったことない方もすでに異物と認識されているかも。できるだけ花粉を吸い込まないように日ごろから注意しましょう。

 

ここで本題 鈍脳

花粉症の対症療法治療薬のメインは、抗ヒスタミン剤。

この抗ヒスタミン剤の副作用が、眠気や口渇で、この眠気やだるさ、集中力の低下、判断力の低下などが鈍脳と言われています。

詳しくはこちら

http://www.ssp.co.jp/donnou/

最近は眠気の少ない抗ヒスタミン剤があり、鈍脳もおこりにくくなっている薬が出てきています。

しかし、眠気などがあると、効いていると実感できている方がまだまだ多いですね。

眠気=効果があるとは違うようです。

専門家からは勘違いといわれていますが、私は一概に違うとは言えなくてプラセボ効果があるのではとも思っています。

 

 

私のおすすめ品

花粉症におすすめなのが『衛益顆粒(えいえきかりゅう)』

鈍脳がまったくおきなくて、即効性もあり、予防ができるお薬です。

体のバリア機能が高まり、花粉やインフルエンザなどの異物が体に入りにくくなります。

(もちろん他にも風邪ウイルスやノロウイルスなど異物となるものも同様です)

このお薬、体を強くして元気になり、バリアが強くなるので予防に治療にほんとにおすすめです。

ぜひ花粉症で困ったらご相談ください。

2012年02月24日 | catregory : お知らせ,未分類,花粉症 | コメント : (0)

トップへ戻る